2006年09月16日

メールソフト

先日の日記で書いたW-ZERO3のリセットがかかる問題。
バッテリーの接続部分を掃除してしっかりと装着したところ、現時点でリセットはされていません。
解決かな?かな?
(最近やっとひぐらしをやったらしい

さて、最近はメールソフトの導入をしています。
標準のでも使い勝手とか問題ないんですが、受信メールを保存しておく場所をminiSDにしたいのです。
ということで、まずはQmail3を入れてみました。

まず、使い心地は問題ないです。
しかし、重大な問題発生!
一回起動したらメモリにへばりついて完全に落ちない!!
ご存知の方もいると思いますが、WindowsCEはアプリケーションを閉じても通常のWindowsのように終了されません。
メモリに残って次回起動時に起動を早くしているみたいです。
つまり、アプリケーションを完全に終了させるには、メモリに残ったものも終了させねばならないのです。
どうやら今回の症状は起動後にメモリに残ったまま完全に終了できない、というもののようです。
終了させようとしても、お得意のビジー状態・・・
通常ならココで強制終了すれば落とせるのですが・・・落ちませんでした。
んで、これ(メモリに残る)が原因でQmailの起動ができなくなってしまっているようです。
普通ならメモリに残ったアプリケーションが起動してくる感じですが、「未対応アプリだから起動できません」なエラーがでてきて起動せず。
まさか、毎回Qmail終了時に再起動させるのもありえない話なので、現在次のソフトを模索中。
こんどはnPOPというやつを試してみます。
また数日後にはレビューできるといいかな?かな?
posted by 如月螢 at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | WillcomZERO3 & D4
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1269737
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック